FC2ブログ

「夜行バスを利用してTDRへ行くにはどうしたらいいの?」

 28, 2014 15:20
今日は、時々プライベートで相談をされたり、ブログ上でご質問をうけたりしている地元名古屋からのパークへの交通手段についてUPしたいと思います。

年明けのキャンパスデーがあるのも関係して、職場でもいろいろ相談をされることが出てきました。
学生さんに限らず比較的年齢の若い方どうしの旅行となると、できるだけ安く手軽に行きたいというのが一番の希望。
そんな時にお役立ちなのが夜行バスというわけです。
夜行バスと言っても、各社いろいろなプランやバスの仕様があってどこにしたらよいか迷うことがある思います。
もし夜行バス選びに迷うことがあるのなら、私の夜行バスうんちくを参考にして頂ければと思っています。

あ、言い忘れましたが出発は全て名古屋駅を起点として話を進めて行きますのでご了承願います。

グリ118


①どこのバス会社を利用したらよいのか?

バス会社の選択の際、その会社の運行管理体制が信用に足るものかというのはもちろん重要ですが、パークで遊ぶという事をメインに考えると選択の要素は以下の何点かになると思います。

●到着時間 

行きたい日のパークの開園時間のどれだけ前に到着予定なのかが重要です。
バスは天候・道路状況によって大きく到着時間が左右されるものですから、余裕をもった時間設定でありたいものです。
朝イチでFPを取りにいったり、ショーパレの場所確保に行きたい場合、8時オープンの日に7時以降の到着便では遅すぎることも考えられます。
自身のパークでの行動予定に合わせて便の選択をする必要があるのではないでしょうか。



●到着場所

ディズニー行きの便なのに到着場所を気にする必要があるの?と思われるかもしれませんが、どこで降車するかで朝の行動で案外差が出てくるものなのです。
降車場所がゲートに一番近いのはJR東海バスのファンタジア号です。
ランド・シーともに降車場所はゲート横のバス・ターミナルとなります。
このターミナルはリゾートクルーザーが発着したり、各ホテル間のシャトルバスの発着場になっています。

東京ディズニーリゾート公式サイトより引用
map_tds.jpg

map_tdl_02.jpg
map_tdl.jpg

その次にゲートに近いのはバス・ターミナル・アネックスを発着場にしているバス会社。
ここを利用しているバス会社は複数ありますが、名古屋駅西口からの便で多いのはウィラー・オリオンツアー・JAMJAMではないでしょうか。
バス・ターミナル・アネックスもゲート横にあって利便性に差はありませんが、注意をしなければならないのは降車場所がランド・シーのどちらかに限られていることです。
ファンタジア号はシー→ランドと順番に回るのでどちらのパーク利用時でも構いませんが、バス・ターミナル・アネックス着の夜行バスはいずれもどちらか一方でしか降車できません。
シーに行く予定なのにランド下車では、朝から移動をしなければならくなりかなりの時間のロスが生じてしまいます。
そんな事態にならないように、バス路線の選択は降車場所までしっかりとチェックしてくださいね。

そしてその次に、便数は少ないと思いますが場外、TDR周辺道路の路肩での乗降となっているバス会社。
個人的に言わせてもらえば、利用しない方が良い利用を避けるべきバス会社だと思っています。
ちゃんと考えてもらえば分かると思いますが、TDR内のバス・ターミナルに乗り入れているバス会社はそれなりにTDRとの契約があって運行しているわけです。
そのバス・ターミナルに入れないバス会社という事は、『TDR行き』と標榜していてもなんらTDRとの取り決めは行われておらず、一時的であっても路上駐車を常習で行っているわけですから運行管理姿勢は言わずもがななのです。
大袈裟かもしれませんが、一晩であっても命を預けて舞浜まで運んでもらうのですから、バス会社の選択は慎重であるべきだと思います。


それから場外過ぎて裏ワザではないけれど裏ワザっぽいのが東京駅発着便
主にJR夜行バスになるのですが、便数も多くシーズンによる料金変動幅も狭いので安定して利用できます。
なにせ運行会社はJR東海ですからね。
車両も運行管理体制もバッチリです。
なので私の移動手段のほとんどがこの便に頼っています。
東京駅着は日本橋口、名古屋方面行は八重洲口のバスターミナルから乗車と京葉線からの移動もスムーズに行えます。
パークまでは電車での移動が必須となりますが、経験上パークへの到着は一般的な夜行バスよりも早めになると思います。
JR東海夜行バスについては詳細は別記事でまとめますのでそちらでご確認ください。


大切なことがひとつ、帰りの便の乗車場所の確認はしっかりと
バス・ターミナル・アネックス利用者の方は、帰りの便がどこから出るのかしっかり確認してくださいね。
時々バス・ターミナルを間違えてバスに乗り遅れる人たちに遭遇します。
“バス・ターミナル”というキーワードだけで移動してきて、アネックスじゃない方のバス・ターミナルへ来てしまい(しかも乗車時間ギリギリ)、間違いに気づいたときは既に遅し・・・。
アネックスはゲートを挟んで反対側ですからね。
中には逆ギレしてバス・ターミナルの案内キャストさんに食って掛かる人もいたりして。
基本的にファンタジア号などの夜行バスは事前予約制なので、他のバスに乗り遅れたからこっちに乗せてくれ!とはいきませんので十分にご注意願います。



●座席のタイプについて

夜行バスの車両タイプはいろいろあります。
まずは、4列シート・3列シート・2列シートをいう座席の列の本数の違い。

まずは4列シート
一般的な路線バスなのでお分かりかと思いますが、はっきり言って寝るのには不向きな座席です。
夜行バスは“寝台バス”としての性能も重要視しなければなりません。
翌朝目的地に着いたけれど、睡眠不足と足腰がだるかったり痛ければ楽しみも半減してしまいます。
学生さんなどの若くて体力もある方ならそれも良いかもしれませんが、ある程度年齢が経った方へはお勧めしません。
その分料金はかなり安いんですけどね。

次に3列シート
これは夜行バスに多いタイプのものになります。
並びは■■   ■とか、■ ■   ■とか通路がバスによってレイアウトが異なります。
この場合、シートの前後のピッチもそこそこ広く取っていたり、リクライニングもある程度まで出来るので慣れてくれば熟睡も可能だと思います。

そして贅沢に2列シート
このタイプのシートを利用している便は限られていて、私が知る限りではJR東海バスのドリーム号とウィラーのコクーンになります。
ウィラーは他にエグゼクティブシートが2列仕様でありますが、名古屋発着はありませんので省略します。
まずドリーム号ですが、一概にドリーム号と言っても路線がさまざまあります。
2列のプレミアシートの設定があるのは岐阜・名古屋ー東京間を走るドリーム6号・3号のみです。
それも一車両に3席しかシートがありません。
かなりの早い者勝ちでしか予約できないのがプレミアシートなんですね。
料金もやはり高めなのですが、その快適性は群を抜いています。
このシートを利用しても寝られないというなら夜行バス利用は諦めた方がいいかもしれません。
ビジュアルがかなり斬新な2列シートなのが、ウィラーのコクーンです。
この車両は全席が2列シートとなっていて、コクーンという名称でも分かる通り繭をモチーフに考案されたシートとなっています。
ちょっと狭いけど雰囲気としては飛行機のファーストクラスでしょうか。
プライベートモニターが付いていてTVやゲーム等もできたり、さまざまな装備がなされていて個室空間が形成されています。
私も2度ほど利用したことがあるのですが、正直言ってプライベートモニターは不要かな?と思いました。
なにせ夜行バスですからね、使ってる時間はありません。
足元の幅が狭いのでミイラよろしく寝相がとても良い方にはよいのですが、寝返りを打とうとすると壁に当たったりして若干窮屈な思いをしました。

そして私のお勧めシートは3列シートだけどゆったりなドリーム号のビジネス・シート
こちらもドリームなごや4号・5号と便が限られてしまいますが、今まで利用した中で一番快適だったように思います。
プレミア・シートよりも席数は多く予約し易いのですが、早期割引適用外の座席なので予算に余裕がある時だけ利用してます。
2階建てバスの前方2列がBシートになっていて、シートも深く倒せるくらい前後のピッチも広くオットマンも付いているので足をのばして寝ることができます。
できることなら毎回この座席に乗りたいくらいお気に入りのシートです。

それから、女性専用車両かどうかの選択です。
男性なら選択の余地はありませんが、あなたが女性なら女性専用車両かどうかで迷うことになるかと思います。
女性専用車両なら確かに男性の目を気にしたり警戒したりする必要が無いと思います。
しかし女性ばかりであってもトラブルが起きないとも限りません。
私が経験した中では、座席指定までして予約した座席に別の若い女性が既に座っていたことが何度かありました。
窓際の席を予約していたのですが、先に乗車してた子たちが「空いてたから先に座っちゃった、テヘ♥」とされた時は唖然としました。もちろん運転手さんを通じて本来の席に戻らせましたが、女性同士だと男性の目が無い分勝手が横行しがちです。
また、降車時のトランクルームへ預けた荷物の引き取りは乗客全員が降車した後となるので、女性専用車両では降車までにかなり時間がかかる場合があってヤキモキします。
というのも、降車所に到着してから起床してのんびり身支度する女性が多いんです。
到着10分前には車内が明るくなって身支度の旨のアナウンスが入るんですけどね。
日本橋口は入れ替わり立ち代わり夜行バスが到着するので、速やかに降車してバスを移動させなきゃならないようなんですが、到着したのに再び毛布にくるまって二度寝する女性も居たりしていろいろ厄介です。
男女混合の通常のバスではあまりそういった事は起きないので、女性専用車両ならではなんじゃないかと思ってるんですけどね。
間違ってたらごめんなさい。
結論としては、専用であるにせよ通常にせよ、メリット・デメリットはあるのであまりこだわる必要はないのではないかと思っています。


●車両タイプについて

シートの種類の次は、車両の種類についてです。
バスと言えば一階しかないものが普通ですが、長距離バスとなると2階建バスもよく使用されています。
JRバスで一般的な1階しかないバスと言えば、青春ドリーム号とファンタジア号がその類になります。
対して2階建てを使用しているのはドリーム号。
路線によってはドリーム号であっても一階しかないものも運行されていますが、大まかにいうとそんな感じです。
2階建てバスに乗ったことの無い方向けに説明すると、構造上の都合で天井が低めになっていて、2階の前方の席は結構揺れるとお伝えしておきます。
2階前方は運転席の上部になるので、なにかしら段差を超えた時のバウンドの衝撃をかなり受けます。
なので一晩中身体を揺すられることになり、慣れないとかなり疲れます。
この席は早割とかで早期に予約した人へ割り当てられることが多いので避けたい場合は割引を諦めて遅めに予約すると良いかもしれません。

そして長距離移動に重要なトイレ事情。
JR夜行バスには車両内にトイレが完備されていますが、他のバス会社にはトイレが無い場合が多くあります。
その為、トイレ休憩として2時間前後おきに停車して休憩を取るので、睡眠が途絶えることになります。
自分はトイレ休憩するつもりが無くても、他の乗客がバスを乗降することでイヤでも起きてしまったり、車内の照明が点灯したりで連続した睡眠が取りづらくなります。
いつでもトイレに行けるという安心感も大切なので、できる限りトイレ付のバスを利用されることをお勧めしたいと思います。




さてバス会社も便名も決まった所で、次は予約はどうしたらよいかです。

グリ119


②夜行バスの予約方法について

予約開始時期は各バス会社によって異なります。
私がよく利用しているJR東海バスは1ヶ月1日前から。
ウィラーは3ヶ月前から、他のバス会社も概ね1・2ヶ月前から予約できるようです。
予約をする時期ですが、バス会社によって早期予約割引制度があるので、出来る限り早目に予約することをお勧めします。
割引だけでなく、座席指定が出来る場合があるので早い時期の予約が有利です。


予約方法としては主にオンライン上での予約が多いのではないでしょうか。
JRバスではWEB予約割引があったり利用ポイントをためることもできるのでいつもオンライン予約をしています。
JRバスの場合ですが、早割などでお得に予約をしたい場合は予約開始時間直後に予約することをお勧めします。
早割適用の座席は席数が決まっているので早いに越したことはありません。
予約開始は乗車日の1ヶ月1日前AM10時から。
ということは週末にパークへ行こうとするなら平日(木・金)に予約しなければなりません。
閑散期なら埋まりはかなり遅いのですが、ハロウィンやクリスマスシーズンにもなるとあっという間に埋まってしまいます。
そういう事情もあって私はオンラインでいつも予約をしているんです。

また、TDR行きの夜行バスの中でも埋まりが最も早いと思われるのが、ファンタジア号です。
便名の通り、TDR行きをメインに考えた便なのですが、実際は利用者の半数が横浜で乗降しているという矛盾も抱えた便です。
JRと京成バスが共同運行していてパークのバス・ターミナル発着と便利なのですが、どんなに繁忙期であっても増便はせず毎日往復各1便のみの運行です。
名古屋から西船橋間を運行し、途中横浜(YCAT)・お台場・TDR(シー・ランド)へと停車するのですが、週末ともなると横浜へ向かう乗客が半数以上を占めることもしばしば生じます。
というのも、便数が最も多いドリーム号は横浜に停車し無い為、週末自宅に帰る単身赴任中の会社員らしき人が多く利用しているんです。
なので、ファンタジア号と言ってもTDRに行く乗客ばかりではなく、早目に予約しないとあっと言う間に満席になってしまうのでご注意くださいね。


バスの予約まできたところで、一旦切ります。
ダラダラ長くなり過ぎちゃったので、今晩にでもまた続きをUPしますね。
続きはJR東海バスについてと、夜行バス乗車時の秘訣です。
では、また今晩☆



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

あなたのポチ☆で元気倍増

もっと頑張れよっって思う方はポチってくださいませ。

ランキングバナー2
人気ブログランキング
ポチ★そのいち

にほんブログ村 その他趣味ブログ テーマパーク・遊園地へ
にほんブログ村
ポチ★そのに
関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?

>